スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
さようなら、親知らず。
2006 / 12 / 08 ( Fri ) 17:17:10
先週の土曜日に 親知らずを抜いてきますた。
右の下顎。

先生が 最小限の治療でやったけど
やっぱり少し切開したわ~。
と言ってたので1箇所だけ縫合しました。

生まれてこの方健康優良児だったこの、わし。
生まれて初めて カラダを縫われました。(大げさ

抜歯自体はそう困難でもなかったように思う。
しかし麻酔が舌半分にも効いてて
ろれつがまわらず
『あひかろ~こさひまひた。』(ありがとうございました)
しゃべれないしゃべれない(´・ω・`)


痛みには我慢強い方だなんだけど
麻酔が切れると、ほんと痛いのね(/ω\)
なんかもっと 切り傷のような痛み(?)を想像してたんだけど
焼けるような痛みなんだね~。
初めて知りますた。


日曜はそんなに痛みもなかったんだけど
月曜は起きたときから痛くて
痛い~~と主張したら
抜糸してくれました。
不思議と抜糸したとたんめちゃくちゃ楽になった。
すごいね~。
締め付けるってすごいんだね。

その後は痛みというか 疼きに変わり
こっちの方がつらい~~。
痛いときは痛み止めがあるけれど
疼きは…。
治ろうとしているのはものすごくわかるんだけど
たまらなくなって 頭をガーッっとかきむしりたくなるんだべ。
キーってなるねぇ(´ヘ`;)

まさに治ろうというときにかゆくなるのと一緒なんだね。


そして1週間経過。
抜いた穴もほぼふさがっております。
人間ってすげー と感動。(大げさ

今のもっぱらの悩みは まだ完全にふさがっていない
くぼみに食べたものが詰まること。
食後は必ずうがいしてます(´・ω・`)

風邪対策にはもってこいだねっ!



スポンサーサイト
* リオウスタイル * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。