スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
男前ハンター
2006 / 09 / 09 ( Sat ) 01:05:04
若かりし頃、私は男前ハンターとして
その名をとどろかしていた。
最近はそんな事はどこへやら。
男前にすら会わないし 目が腐りつつある。

そんなこんなで先日、久々に男前に出会った。
それは
スーパーマンリターンズ

とある情報番組で おすぎがこの映画は想像より
すごくよかった。脚本がしっかりしてる。
と褒めていたこともあって興味を持った。
そこで おすぎは また主演の男がかっこいいの~♪
と絶賛していた。
CM見たり インタビューを見た限りではこの主演の俳優さんを
そんなかっこいいとは思えなかった。

ところが実際映画を観たら
男前~~ノ(´д`*)
となってしまったわけなんですよ。
特にクラークの時の眼鏡が。。。
映画自体も思ってたより全然面白かった。
ただちょっと時間が長いんですが、でも面白かったですよ~。
観に来てる方はやはり年齢層高めで
スパイダーマンは若者
スーパーマンは年配ってカンジなのかしらと勝手に解釈。

オープニングに あのスーパーマンのテーマ曲が流れて
それを耳にしたとき実はちょっとうるっと来てしまった。
なんつーか還ってきたんだなぁ とか
この曲だけでスーパーマンを思わせるなんてすごいことだなぁ
とかなんかいろいろ思いを馳せてしまった(;つД`)

エンドロール時に
クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ
という一文が出てきたときも ちょっとうるっときたなぁ。
残念ながら亡くなってしまったけれども
彼がいたからこそスーパーマンはこれほどまでに有名になり
世界にその名を轟かせたわけで。
切なくなってしまいました。


でも映画自体はいい出来だと思いますので
是非お勧めしますです。はい。



おすぎの映画評価は 人によって受け入れられないものも
あるだろうけど
男前を見る目だけはやはり侮れないなと。
ロード・オブ・ザ・リングのレゴラスも然り。
男を見る目は正しいんだなと
思わずにはいられない。





スポンサーサイト
* リオウスタイル * trackback(0) * comment(2) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。